もしこれから投資をしたいと考えているなら、前準備は入念に行っておきましょう。ここでは前準備に必要なことを解説していきます。

得をするだけじゃない株取引の怖い話

自信を持っている男性

当たり前ですが株は得をするとは限りません。
株価が下がれば損をすることになります。
もちろん、下がっても売却しない限りは損失は確定しないわけですが、その後上がるとも限らず、売れば損失が確定するために売るに売れずそのまま塩漬けとなってしまうというのはよくあります。
また、下がった場合に、いずれは上がると思って買い増しをする人もいますが、意に反してなおも下がった場合にはさらに損失が膨らんでしまうということにもなります。

それでも配当金や優待があれば利息というように考えてそのまま運用し続けるのも一つの手ですが、業績が悪ければそれらもなくなってしまい、本当にどうしようも身動きが取れなくなってしまうこともあります。
この場合、確かに売却しない限りは損失が確定しないとはいえ、その分の資金を他に回して運用するこもできないわけですから、非常に厳しい立場に追い込まれます。

そして、株式の最も怖いところは、もちろんその企業の倒産です。
倒産すれば株式の価値はゼロ、本当にただの紙切れとなります。
上場しているような企業は相当に厳しい審査に通過したほんの一握りの優良企業のはずなのですが、それでも倒産することはあります。
ここのところ景気は多少上向きなのかもしれませんが、実際のところは長期低迷していると思っている人も多いかもしれません。

やはり、経済の情報に敏感になり、自ら情報を集め、そして誰の責任でもなく自分の責任で判断して投資を行うことが大事でしょう。
また優良な投資顧問を契約するのもいいと思います。

最近では新生ジャパンなどをよく耳にしますが株を選ぶのと同じように投資顧問も情報収集が必要ですので、新生ジャパンの評判と料金プランなどを調べておくといいでしょう。

もう一つ、一攫千金を夢見ないことです。
持ち金をとりあえず2倍にしたいから株を買うなどというのは論外で、余裕資金で運用すること、仮にゼロになったとしても生活に穴があくようなことはないようにするのが大事です。

最近の投稿
    アーカイブ
    サイト内検索