もしこれから投資をしたいと考えているなら、前準備は入念に行っておきましょう。ここでは前準備に必要なことを解説していきます。

初めての方に贈る株チャートの読み方

日本円の札と硬貨

初めて株式投資を行う人に知って欲しい株チャートの読み方があります。
どんな銘柄でも一歩的に上昇したり下落することは少ないものです。
多少の上昇や下降を細かく繰り返しながら、上げたり下げたりしているものです。
そしてその細かな値動きにおける安値をつないで一本の線ができれば、それは支持線と呼ばれるものとなります、これは投資家が心理的に底値と意識するラインを意味します。
ここに株価がぶつかると、多くの投資家は買い注文を入れたり売り注文を控えるようになるので、結果的に上昇することになります。

しかし、同時に高値をつないでできる抵抗線にぶつかると、今度は下げることになります。
これを繰り返して、上下の幅のあるボックスを形成することになります。
細かな売買で利益を出す場合には、このボックスの上下にあるふたつの線を意識することが必要となります。

そしてこの支持線や抵抗線を突き抜ける動きとなった時には、大きく株価が動くタイミングと捉えられます。
それまで形成していたボックスを抜けて大きく上昇したり下落することになるわけです。
チャートの読み方としては、まずこのふたつの線を意識することである程度の売買を行うことができます。

また、同じように多くの投資家が注目するのは移動平均線です。
それも短期の平均線と長期の平均線との組合せで、今後の株価予想の動きが分かります。
長期の移動平均線を短期の移動平均線が突き抜けることで大きく株価が動くと考えられています。
上に抜けるのをゴールデンクロス、逆に下に抜けるのをデッドクロスと呼んでいます。
これを利用することでも、ある程度の利益を出すことが可能となるので、知っておくと便利です。

関連記事